塾講師と資格の関係

学習塾や予備校の講師としての仕事に就くにあたり、なにか特別な資格は必要になるのでしょうか。
このような疑問を口にする人が少なくありませんが、生徒を指導するという立場上、小学校をはじめとする学校の先生に必要な教員免許のようなものが要るのではないかと考えてのことなのでしょう。
結論からいいますと、学習塾や予備校の講師になるため、教員免許のような特別な資格を取得する必要はありません。
関連の国家資格も存在しませんので、なにも資格をもっていなくても、塾講師や予備校講師の求人に応募する資格はあります。


しかしながら、資格がなくても仕事に就ける可能性があるというだけで、必ずしも職にありつけるとは限りません。
というのも、学習塾や予備校では独自の選考基準を設けており、それを満たしている人材でなければ雇ってはくれないのです。
また、資格がなくても雇用契約を交わせる可能性はありますが、学習塾や予備校によっては、採用前後に試験を実施しているところがあります。
そのため、このような試験をパスしなければ不採用となってしまったり、よい条件で仕事ができなかったりするのです。


以上のように、とくに塾講師となるには資格は要りませんが、学習塾や予備校によっては、満たさなくてはいけない条件がいろいろとあります。
このサイトではそのあたりのことを詳しく説明しますので、塾講師になりたいと思っている人が知識を深めるための一助となれば幸いです。


■外部リンク
学習塾や予備校などの塾のバイトをしたい方の為の求人サイトです →→→ 塾 バイト

Copyright © 2014 塾講師に資格は必要? All Rights Reserved.